お役立ち情報

Logicool キーボード K750/K750rのボタン電池交換方法

買ったばかりのK750rが1週間もしないうちに動作不良に陥った。

カスタマーセンターに電話したところ、電池が原因と考えられるらしいので、自分でボタン電池を購入して取り付けてみた。

勿論、故障品であることを伝えれば、代替品を送付してくれるため、わざわざ交換する必要は無い。

しかし、電池自体は安いので交換できるならば交換した方が、代替品も送ってもらえて一石二鳥というわけだ。

そこで電池交換の方法を写真付きで取り上げてみる。

スポンサーリンク

ボタン電池の取り外し方

まずはボタン電池を取り外していこう。

こちらが今回の750rだ。※K750も外観は変わらない

ボタン電池は裏面から見て右端上部分に埋め込まれている。

ここから、マイナスドライバーを用意して、まずは隙間にキーボートと平行に差し込む。

そこから、てこの原理を用いて、垂直に立てる。

すると電池部分の先端が顔を出す。

更にここから、マイナスドライパーを更にもう一本用意して、左右両端の窪みに平行に差し込む。

先ほどと同じように、てこの原理で垂直に立てると、電池が引き出される。

後は、引き抜くだけで電池を取り出せる。

多少の傷は付いてるかもしれないが、動作には支障が無いので心配要らない。

これでボタン電池を取り出すことが出来たため、後は電池を交換するだけです。

交換する際は、マイナス面を上(シール側を下)にしてセットして下さい。※キーボードが表面の場合

ボタン電池の購入先

このK750/K750rに用いられているボタン電池は、『ML2032』という型番の物であり、今やAmazonや楽天などで購入可能だ。

※正式名称は、"コイン形二酸化マンガンリチウム二次電池 ML2032"

下記サイトを参照に、是非各々購入を検討して欲しい。

そもそも故障品であるK750/K750rは、Logicoolのカスタマーサポートに電話すれば代替品を送ってくれるので心配は要らない。

サポートの連絡先は下記だ。

ロジクールカスタマーセンター

050-3786-2085

ただ、代替品を用意してくれるが、故障品は自分で処分して欲しいとのことなので、代替品を送ってもらった上で故障品を直すのがベターな気がする。

まとめ

ボタン電池の取り換えは、マイナスドライバーさえあれば簡単に取り外せるので、難しくは無い。

また、ボタン電池の価格も、1000円未満と高くないので、どうせ捨てるくらいなら有効活用する手もあるだろう。

ただし注意点として、ボタン電池のML2032ですが、約1年で寿命を迎えるらしいので定期交換が必要ということ。

まぁワイヤレスで1,2年持てば御の字の部類だと思うので、ボタン電池は予め予備を準備しておくとスムーズかもしれない。

以上、参考になれば幸いです。

-お役立ち情報
-, , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2020 All Rights Reserved.