暮らし

千葉県在住のNTTデータ勤務、肺炎患者の通勤経路や行動歴を調査!

画像引用元:Twitter

終息をするどころか、どんどん広がりを見せている新型コロナウィルスことCOVID19/コビット19ですが、感染者の行動歴などが話題となっています。

その中で、肺炎患者の千葉県在住20代男性の通勤経路や行動歴が詳しくわかってきたようなので、調査してきました。

スポンサーリンク

新型コロナウィルス発症までの経緯

画像引用元: NHK NEWS WEB

2月13日、新型コロナウィルスに感染した事がわかった千葉県の男性ですが、最初に発熱したのは、2月2日で4度医療機関を受診したのちに新型コロナウィルスと診断されました。

男性は、1月20日から2月1日までに社内で開かれた会議に出席していて、そこに中国人らしき人が居たようなのですが、具合が悪そうな人は居なかったと話しているようです。

 

もしその会議が1月20日に開かれていて、そこで感染していたとすれば、約2週間後の2月2日に発熱し発症したと思われます。

男性が新型コロナウィルスと診断されたのは、発熱から11日後の事でしたが、その間はいつも通り生活をしていた訳ですが、発症後の行動に注目が集まっているようですね。

肺炎患者の千葉県男性がネットに書き込み?

2月14日、感染者である千葉県男性と思われる人が5ちゃんねるに書き込みをした事が話題となっているようです。

そこには、発症後の様子や医療機関での検査の様子が事細かく書かれていてNHKが発表した合致しているという事で、さらに注目されています。

発症後の行動は?

新型コロナウィルスに感染していた千葉県の男性は、2月2日に発熱をした後4日と7日に会社へ行った以外は、医療機関を受診したという事でした。

医療機関を受診する際は、自家用車、バイクを使っていて公共機関は使用していないようです。

満員電車で通勤!

新型コロナウィルスに感染していた男性は、4日と7日に会社に勤務している事がわかりました。

その際は、電車で通勤していたそうで、5ちゃんねるの本人と言われている人からの書き込みによると、

『市川市内のJR駅から乗車し、JR浅草橋駅で都営浅草線へ乗り換えて出勤した』

と書き込んでいるようです。

 

こちらの電車は、通勤ラッシュ時は身動きの取れないほどの混雑で密集しています。

その中を発熱してから2日間も通勤に使っていたと言われているので、電車内で感染が広がったかもしれません。

そうなると、4日と7日に出勤した事が判明しているので、2月18日〜21日に感染者が出る可能性も高いですね。

まとめ

今回は、猛威を奮っている新型コロナウィルス肺炎の千葉県在住の20代男性患者の発症後の行動について調べてみました。

千葉県男性の事をまとめてみると

・2月2日に発熱の症状がでる

・発症後、2月4日と2月7日に会社に出社している

・ネットの書き込みによると市川市内のJR駅から乗車し、JR浅草橋駅で都営浅草線へ乗り換えて出勤していた

ネットの書き込みでは、本人かどうかというのは、確認されていませんが、今後さらに感染者が拡大する可能性が高いと言えますね。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

-暮らし
-, , , , , ,

© 2020 トラさんのがおろぐ!