暮らし

湯澤由紀夫(藤田医科大学病院長)の経歴やwikiプロフィール【コロナ患者受入れ】

画像引用元:Yahooニュース

湯澤由紀夫さんは、発症前のコロナウィルス陽性反応が出た感染患者を経過観察する場所として開業前の病院で受け入れる事を発表しましたね。

開業前の病院で、発症前とはいえ陰性反応が出ている患者さんを受け入れる素晴らしい決断をした湯澤由紀夫さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

湯澤由紀夫のプロフィール

画像引用元:Yahooニュース

名前 湯澤由記夫
よみかた ゆざわ ゆきお
出身大学 名古屋大学医学部卒業
専門分野 腎臓内科学
勤務病院 藤田保健衛生大学病院
役職 院長

経歴

  • 1981年 名古屋大学医学部
  • 名古屋第一赤十字病院にて卒後臨床研修を経て内科勤務
  • 1987年 米国ニューヨーク州立大学バッファロー校 病理学教室に留学
  • 1990年 名古屋大学医学部附属病院第三内科(現・腎臓内科)
  • 2002年 名古屋大学大学院医学研究科病態内科学講座免疫応答内科学(現・腎臓内科学) 講師
  • 2009年 名古屋大学大学院病態内科学講座腎臓内科学 准教授
  • 2010年 藤田保健衛生大学医学部腎内科学 教授
  • 2011年 藤田保健衛生大学病院 副院長を兼務
  • 2014年 藤田保健衛生大学病院 病院長

1981年に名古屋大学医学部卒業後、名古屋第一赤十字病院にて卒後臨床研修を行い、同病院の内科にそのまま勤務。

その後、米国ニューヨーク州立大学バッファロー校 病理学教室への留学を経験します。

戻ってからは、名古屋大学大学院病態内科学講座腎臓内科学准教授などを経て、2010年に藤田保健衛生大学医学部腎内科学 教授に就任。

そして2014年より、現在の藤田保健衛生大学病院の病院長も兼務するようになります。

現在では、教授として後進の指導に熱心に取り組んでいるそうです。

 

ここまで実績が凄いと、着実にキャリアを積み重ねて院長まで上り詰めた実力のある先生であることが分かります。

所属学会・資格・役職など

  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本腎臓学会(理事、評議員、専門医)
  • 日本透析医学会(専門医)
  • 日本糖尿病学会、日本リウマチ学会、腎と脂質研究会(代表世話人)
  • ASN (American Society of Nephrology)
  • ERA-EDTA (European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association)
  • ISN (International Society of Nephrology,
  • 日本医師会認定産業医

引用元:MedicalNote

受賞・著書・論文など

【著書】

  1.  Japanese Clinical Practece Guideliens for IgA Nephropathy: Difference from KDIGO Guidelines. Editor: Yasuhiko Tomino, Pathogenesis and Treatment in IgA nephropathy -An Inernational Comparison- "Chapter 5"Japanease Clinical Practice Guidelines for IgA Nephropathy: Difference from KDIGO Guidelines, Springer Nature; 2016. p251-62
  2.  糖尿病性腎症病期分類に基づいた腎病理診断の手引き執筆項目4. バイオマーカー, 東京医学社; p28, 2017
  3.  Management of Heart Failure 心腎連関を深め 体液管理を極める執筆項目Ⅲ病態-CRS分類に基づく心腎連関の理解:臨床シナリオから考える- 1 CRS type1 (acute cardiac dysfundition leading to acute kidney injury),文光堂; p64-72,2016  など多数

引用元:MedicalNote

藤田医科大学岡崎医療センターの場所

藤田医科大学岡崎医療センターの場所は、愛知県岡崎市に存在します。

横浜市の大黒ふ頭に停泊しているダイヤモンドプリンセス号からは、少し距離有りますが、受け入れてくれるだけでも有難いですよね。

住所:〒444-0827 愛知県岡崎市針崎町五反田1

コロナ患者受け入れに対するネットの声

やはり、素晴らしい決断だとみなさん称賛されているようですね。

一般の方だけではなく、著名人の方からも賛同が厚く、高須院長も応援されているのがわかります。

まとめ

今回は、開業前の病院、『藤田保健衛生大学病院』でコロナウィルス感染者(発症前)を受け入れると表明した事で話題となっている院長の湯澤由記夫さんについて調べました。

発症前とはいえ、ウィルス陽性反応が出ている患者さんを受け入れる事に対し、世間からは絶賛を受けているようですね。

さらなる拡大を見せている新型コロナウィルスが早く終息される事を願うばかりです。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

-暮らし
-, , , , , ,

© 2020 トラさんのがおろぐ!