暮らし

岩田健太郎の経歴や出身高校を調査!結婚してる?妻や子供は?

岩田健太郎,感染症,神戸大学教授

画像引用元:神戸大学病院HP

新型コロナウイルスがCOVID-19(コビッド-19)に改名された日、ミヤネ屋で話題になったのが感染症の権威である岩田健太郎教授でした。

今回は岩田教授の経歴や出身高校について調査しました。

スポンサーリンク

岩田健太郎教授のプロフィール

画像引用元:https://daily-rose.com/iwatakentaro/

名 前 岩田健太郎(いわたけんたろう)
生年月日 1971年(49歳)
家 族 妻・娘・息子2人(詳細は不明)
出身地 島根県
出身高校 松江南高校
出身大学 島根医科大学
勤務先 神戸大学医学部附属病院
専門分野 感染症
役 職 感染症内科診療科長・国際診療部長

岩田健太郎教授の経歴

  • 1997年:島根医科大学(現・島根大学)卒業
  • 1997年:沖縄県立中部病院(研修医)
  • 1998年:コロンビア大学セントクルース・ルーズベルト病院内科(研修医)
  • 2001年:アルバートアインシュタイン大学 ベスイスラエル・メディカルセンター(感染症フェロー)
  • 2003年:北京インターナショナルSOSクリニック(家庭医、内科医、感染症科医)
  • 2004年:亀田総合病院(感染症内科部長、同総合診療・感染症科部長歴任)
  • 2008年~現在:
  • 神戸大学大学院(医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授
  • 神戸大学都市安全研究センター感染症リスク・コミュニケーション研究分野教授
  • 神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長・国際診療部長

所属団体・肩書

  • 日本東洋医学会 漢方内科専門医
  • 日本エイズ学会
  • 日本渡航医学会
  • 米国内科学会 専門医
  • 米国感染症学会 専門医
  • 日本環境感染症学会
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法指導医
  • 日本感染症学会 指導医 感染症
  • 国際旅行医学会旅行医学認定TM
  • ロンドン大学熱帯医学衛生学校感染症修士
  • ICD制度協議会認定 Infection Control Doctor

感染症を選択した理由

感染症を専門に決めた明確な理由はないんです。

どちらかというと、流れですね。

学生の頃から生物に興味があって微生物学の教室に入り浸っていたこと、沖縄県立中部病院で感染症治療のフィロソフィーのようなものに触れられたこと、アメリカで初めて書いた論文のテーマが「結核」だったこと…。

こうした流れがあったから、感染症のフェローに進むことを決めたのだと思います。

引用元:Whyt Run

岩田さんの出身高校

岩田さんの出身高校は松江南高等学校です。

これは自身のツイッターアカウントで明かしています。

調べてみると、偏差値は53-61で岩田さんは中学校時代から頭が良かったことが分かります。

岩田さんの人柄がよく分かる高校時代のエピソードもあります。

恐らく今の告発する姿を見るに、学生時代から正義感が強く真面目だったのかと思います。

松江南高校の場所

場所は下記ですね

Googleビューで見ると、松江南高校の周辺は結構のどかだなって言うのが分かります(笑

岩田健太郎教授の家族は?結婚してる?子供は?

岩田さんは結婚して妻とお子さんがいます。

これもツイッターの情報から読み取れました。

“下の娘”ということで、上にもお嬢さんがいるということですね。

岩田健太郎が感染症のプロの目でみたダイヤモンド・プリンセス内部の現状

感染症の権威・岩田健太郎神戸大教授が「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船して、教授としての任務を与えられず、その日のうちに外に追い出されたのが2020年2月18日。

数ある修羅場をご自身の経験値でクリアしてきた岩田健太郎教授が見た船内は、この瞬間に感染するかもしれない、と恐怖を感じるほどの最悪な状況だったことをYouTubeにアップしました。

※現在、動画は削除されているので、下記の記事に全文書き起こしています。

岩田健太郎教授のYouTube動画(COVID‐19)を全文書き起こし

岩田健太郎教授が勇気を出して語った「ダイヤモンド・プリンセス」内の現状が、岩田健太郎教授自身の手で削除されました。 一向 ...

続きを見る

教授本人が目の当たりにした現実を報告するためではなく、その現状をなんとかしなければ本当に最悪な事態に陥るのは目に見えているということを伝え、その先の解決策を取るために動ける状況を創り出すための情報公開でした。

多くの人の目に触れ、みんなで考えるためでもあるのではないでしょうか。

岩田健太郎による核心に迫る決意の動画へのネットの反応

そして、岩田健太郎教授が伏せて話していたのに、わざわざ名乗りをあげていたのがこの方です。

岩田健太郎教授は感染症の権威だからこそ、下手な不安は煽らず、情報を知りえない一般人が分かりやすいレベルまで掘り下げて説明してくれるから、説得力もありわかりやすいのでしょう。

そして司会の宮根さんをもピシャリ!と静止する技にも、気持ちがいい!と拍手喝さいでした。

まとめ

今回、岩田健太郎教授が肌で感じた現状の怖さを公表しないわけにはいかない、と行動に出たことで、お役目仕事の人たちは慌てふためき、臭いものにはフタを、とやっきになって行動してくるかもしれません。

この動画から感じられることを冷静に判断することは、一般人には難しいことだと思います。

ただ、この勇気ある行動を活かし、次の行動につなぐ専門家が出てきてほしいと思います。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

-暮らし
-, , , , ,

© 2020 トラさんのがおろぐ!