トレンド

豚コレラに感染した豚肉を人間が食べるとどうなるの?またその確率は?

豚コレラがまた岐阜県で再発したとのことで、ニュース各所で話題となっております。

岐阜県で、昨年9月から家畜伝染病「豚コレラ」が発生している。

一時は収束するかに見えたが、今年に入り、7例目が新たに確認された。1992年以来の26年ぶりの発生となるうえ、国内にこれまでなかった型のウイルスで、海外から侵入したとみられる。さらに5日には愛知県豊田市の養豚場でも、陽性反応を示す豚が見つかった。

現代ビジネス

豚コレラ自体も怖いですが、一番怖いのは人間が食べるとどうなっちゃうのか?っていう点ですね。

そして、何度も対策を講じておきながら、何で再発するのかが気になりますね。

とりあえず関係各所から声明文が出されておりますので、まとめてみます。

豚コレラを人間が食べると?関係各所からの声明文

とりあえずパニックにならないように、関係各所から必死のパッチで声明文が出されております。

消費者庁(豚コレラに関する情報について)

豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。このため、仮に感染豚の肉を食べても人に影響はないと考えられます

消費者庁HP

考えられますって何やねん。。。はっきり人体には影響ないって言って欲しいですね。

農林水産省(豚コレラに関する情報)

 ・ 豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

 ・ 豚肉の摂取により、豚コレラが人に感染することは世界的に報告されていません。

農林水産省HP

農林水産省の声明は、はっきり言及してますね。

そうそう、人体には影響しないってはっきり言って欲しいですね!

あと、世界的に報告されてないっていうのもミソ。

鳥インフルエンザのように、実は海外では人への感染例もあります、なんて言われた時には大騒ぎになりますからね。

まず世界的に感染例が無いっていうだけでも、安心感が違います。

内閣府‐食品安全委員会(国内の豚コレラの発生に関する情報)

平成30年9月9日、岐阜県岐阜市の養豚農場において、家畜伝染病である豚コレラの患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われました。

また、平成31年2月6日、愛知県豊田市の養豚農場においても、豚コレラの患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われました。

豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

内閣府‐食品安全委員会

内閣府の発表は更に突っ込んでおりますね。

豚コレラにかかった肉を食べても、感染しません!

これが世間一般の方々が一番聞きたかった言葉ではないでしょうか。

とりあえず、人間には影響がないってことをはっきり示してくれたおかげでパニックにならずに済みそうですね。

豚コレラ肉が流通している可能性は

可能性自体は低いでしょうが無くはないはずです。

というのも、豚コレラが見つかった養豚場では、出荷も行われいるからです。

岐阜市椿洞の市畜産センター公園で、豚2頭から豚コレラウイルスの陽性反応が出た。9月に市内の養豚場で確認されて以降、豚への感染は2例目。

市畜産センター公園は、市民が動物と触れ合える憩いの場で、豚は出荷もされている

朝日デジタル

出荷前に検査は必ずするでしょうから、ほとんどは自前で殺処分されているでしょうが、中には発症前の豚もいるかもしれません。

といっても、内閣府の食品安全委員会からは、食べても感染しない!と言っているので、大袈裟なことにはならないかもしれませんが。。

でも、消費者にとっては感染した豚を食べるなんて、とんでもないことですよね。。

〈追記〉

愛知県豊田市の養豚場で発覚した豚コレラの感染が、この養豚場が豚を出荷していた岐阜、長野、滋賀、大阪の4府県に一気に広がった。長野には、感染が疑われていながら出荷されていた。畜産関係者からは疑問の声が上がった。

朝日デジタル

感染が疑われていたのに、出荷したため、感染県が岐阜1県から、長野、滋賀、大阪、愛知県の5県まで拡大されたと。。(愛知はのちに感染発覚)

何やってんねん!!

と言いたくなる消費者は、ほとんどのはず。。。

ここまでくると、さすがにコレラに感染した豚を我々が食する日も近いかもしれません。

 

ちなみに全国の養豚場で豚の飼育数は、平成28年度の調査でおよそ9,313,000頭であり、

そのうち、今回コレラが見つかった県の割合は。。。

  • 岐阜県:105,110頭 (1.1%)
  • 滋賀県:5850頭 (0.1%)
  • 長野県:74000頭 (0.8%)
  • 愛知県:333,300頭 (3.6%)
  • 大阪府:6250頭 (0.1%)

となっており、感染した県全部合わせて、524510頭(5.7%)となります。

勿論、感染した県全ての豚がコレラに罹っているとは思いませんが、最悪この数字になります。

というと、我々の口に感染した豚肉が入る可能性も最悪5.7%の確率で食することになります。

なんたって、感染疑われておりながら出荷するのですから・・・・

何故、豚コレラの感染を防げないの?

豚コレラの感染を防ぎたくても、防ぐのが難しい現状があるようです。

養豚場は、もちろん、感染したり、疑われる豚を全頭殺処分するのですが、問題は、野生のイノシシにも感染が拡がっていることです。

野生のイノシシを全頭処分するのは難しいので、何とか電気柵を設けたりして、豚との接触を避けるよう対策を講じているのですが、

それでも排せつ物の飛沫などまでは防ぎようがなく、感染に至ったと考えられています。

豚コレラ自体は、豚だけでなくイノシシも感染することが知られており、そこから接触や、排せつ物の飛沫を通して感染すると言われております。

まとめ

  • 豚コレラに感染した豚肉を人間が食べても感染しない
  • 豚コレラに感染した頭数は、およそ5県(岐阜、愛知、滋賀、大阪、長野)で524510頭(5.7%)となります。
  • 岐阜県の感染再発の原因は、野生イノシシの排せつ物の飛沫などから感染したと考えられる。
  • 他の県への感染拡大は、感染が疑われておりながら出荷した岐阜県、そしてイノシシによるものと推定

まずは豚コレラを仮に食べたとしても、人体には影響がないというので、落ち着いて行動しましょう。

 

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

-トレンド
-, , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2019 All Rights Reserved.