暮らし

コビッド19/COVID-19の読み方や由来、数字の意味は?【新型肺炎コロナウィルス】

画像引用元:Twitter

世界で死者が1000人以上となり猛威をふるっている新型コロナウィルスですが、ついに名称が決まりましたね。

新型肺炎コロナウィルスの正式名称は、“COVID-19”のようです!

今回は、その名称の意味や由来などを調べてみました。

スポンサーリンク

「COVID-19」の読み方は?

COVID-19」の読み方は、「コビッド19」です。

コロナウイルスと今まで読んでいたのですが、世界保健機関(WHO)により、正式名称は「コビット19」になりました。

COVID-19」は、パッと見英語表記なので読みにくく、日本では「コロナウイルス」で定着しそうな気がしますね。

コビット-19の意味や由来は?

画像引用元:ヤフーニュース

世界保健機関WHOが新型肺炎コロナウィルス正式名称を発表しましたが、その意味が
COVID(コビット)は英語で“コロナウィルス”と“病気”を略したもので、19は2019年に感染が確認されたという意味をもっているようです!

CO・・・corona(コロナ)

VI・・・virus(ウィルス)

D・・・disease(ディィズィーズ)

19・・・2019年発生

これらを組み合わせたのが、「COVID-19/コビット19」になるようです!

最初の頃は中国の武漢で発症したウィルスとあり、「武漢ウィルス」とも呼ばれていたようですよ。

ネットの反応は?

まだまだ浸透していない事がよくわかりますし、テレビでも新型肺炎コロナウィルスと紹介されているようですね。

聞き慣れるまでは時間がかかりそうです。

まとめ

今回は新型肺炎コロナウィルスの正式名称の“COVID(コビット)19”の意味や由来について調べてみました。

新型肺炎コロナウィルスの正式名称は

・COVID(コビット)19

・名前の由来や英語で“コロナウィルス”と“病気”を略したもの

・2019年に感染が確認された事で19とつけられた

聞き慣れるまでは、違和感のある名前ですよね。

まだまだ終息する気配のない新型肺炎コロナウィルスこと“COVID-19”ですが、新薬が出来るまで1年半かかると言われています。

早く終息する事を願うばかりですね。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

-暮らし
-, , , , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2020 All Rights Reserved.