美容・健康

金剛筋シャツのベストな洗い方

1着約4000\もする金剛筋シャツ。せっかく高い買い物したのに、洗濯で型崩れや毛玉が出来てしまっては勿体ない!

そこで、どういう方法で洗濯したら、長持ちさせることが出来るのか、調べてみました。

少しでも長持ちさせるためにも、是非御一読下さい。

スポンサーリンク

長持ちさせるには手洗いがベスト

まずはベストな方法をご紹介します。

それは30°までの水温で押し洗い、振り洗い、つかみ洗いなどの手洗いがベストです。

洗い方も激しくこすると繊維がほつれる可能性がありますので、優しく洗って下さい。

例えば、入浴の際に洗面器に水をためておき、中に衣類用洗浄液を垂らして、加圧シャツを数分ほど漬けておく。

その後、手押しで染み込んだ汗を流すように洗い、最後に濯いで終了。

濯ぐ際に固く絞ってしまうと、型崩れの原因になりますので絶対止めましょう。

乾かすのは、優しく押すか、タオルではさんで水分を切るかして、日蔭で濡れ干しがマスト。

そもそも速乾性に優れている素材ですので、日蔭で濡れ干しでも数時間で乾いてます。

忙しい人へのベターな方法

手洗いが面倒で時間が無いという方にはベターな方法を紹介します。

それは、ネットを使用し洗濯機で回すという方法です。

ネットを使うだけでも毛玉やほつれを軽減できますので、時間が無い方にはお勧めです。

また、脱水後の乾かし方は、日陰で干しましょう。(部屋干しなど直接日光に当らないように)

日蔭干す理由は、日光による紫外線が、消臭効果のある塗料を剥がしてしまう可能性があるためです。

回転式乾燥機などは、他の衣類とこすれて毛玉になる可能性がありますので避けましょう。

その他の注意点

一般的なポリウレタンは、紫外線や高熱には強くないため、繊維を長持ちさせるためにも、次の事項を守りましょう。

  • 干すときは日陰で吊り干し
  • 漂白剤の使用禁止
  • ドライ、ウェットクリーニングは不可
  • アイロンは低温でかける

また、金剛筋シャツには消臭成分が塗ってありますが、あくまでも塗ってあるだけなので、漂白剤などの強い洗剤を使ってしまうと、消臭成分などの特殊加工が剥れ落ちてしまいます。

なので、洗濯時は優しく扱うことを心掛け、繊維や縫製を長持ちさせましょう。

まとめ

まとめると、ベストな洗濯方法は、手洗いです。その際の注意点として水温30度までと、激しい擦り洗いと、固く絞ることは型崩れやほつれの原因になるので、優しく洗うことを心掛けましょう。

しかし、時間が無い方や面倒な方は、ネットを使っての選択でも十分です。

ただし、ネットは毛玉や繊維のほつれを避ける為にも必須ですので、忘れない様にして下さい。

以上、せっかく高い買い物をしたシャツですので、少しでも長持ちさせて効果を持続させましょう!

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします^^
にほんブログ村 芸能ブログへ

-美容・健康
-,

© 2020 トラさんのがおろぐ!