お役立ち情報

news every.藤井アナのコメントが大人気!メッセージをまとめて紹介!

藤井貴彦アナウンサー

画像引用元:Instagram

緊急事態宣言が発令され、全国的に感染者が増加し続ける今、ピリピリムードで不安になる人たちの心を和ませる「news every.」内の藤井アナのコメントが温かすぎると注目が集まっています。

一貫して伝えているのは、現状に打ち勝つために2週間先の未来を見据えた行動をとるということでした。

スポンサーリンク



日本テレビ:「news every.」

「news every.」は、「ミンナが、生きやすく」をコンセプトに、毎日の生活のための情報を発信しようと始まった番組で、月曜から金曜の午後3時50分から午後7時まで、3部構成で放送されています。

メーンキャスターの日本テレビの藤井貴彦アナウンサー。

元オリンピック代表バドミントン選手でスポーツキャスターの陣内貴美子さん鈴江奈々アナウンサー。

そして「木原さぁ~ん、そらジロー!」でおなじみのお天気キャスター木原実さんとマスコットのそらジロー他のみなさんがお届けするニュース情報番組です。

藤井アナの自己紹介動画

お人柄がにじみ出る自己紹介動画ですね。

そんな藤井アナが「news every.」で発しているコメントが、自宅で過ごす人々の心を癒していると話題になっています。

正確に整えられたニュース原稿とは別に、ご自身の言葉で訴えかけるその心からの声が視聴者に届いているのでしょう。

「心遣いの代名詞」藤井アナのメッセージ集

藤井アナは「news every.」のキャスターに就任した翌年、東日本大震災が起こりリポーターとして被災者取材にあたっていました。

そこで、どんな状況でも被災者の立場になって寄り添うことを忘れない報道姿勢を貫いていたそうです。

テレビマンとして被災者の言葉を聞き出すことより、まず手を差し伸べて手伝うことを優先させた藤井アナ。

他メディアが引き上げた後もいつまでも現地に残っていた藤井アナは、「news every.」という船のキャプテンとしてスタッフたちから信頼されています。

アナウンサーとしては「心遣いの代名詞」「アナウンスの天才」とも言われているそうですね!

報道内容を正確に伝えた後に用意していたかのように自然に自分の言葉を添えて、時間内に収めるというアナウンサーの鑑として称えられています。

そんな心に響くと話題になっている藤井アナの言葉を時系列を追ってご紹介します。

2020年4月7日:緊急事態宣言発令

2020年4月9日:「news every.」藤井アナ①

2週間前の水曜日、まだ1日の感染者数が16人の段階で、東京都知事は会見を開き「感染爆発の重大局面だ」と呼び掛けていました。

そして、4月9日の感染者数が180人以上となり、東京都だけで1500人を超えるという事態に陥った東京都の現状に対し、

この数字は2週間前の行動を反映したものです。動揺することなく2週間後の数値を減らせるように、自分たちの未来を創るためにも今日からのご協力をよろしくお願いいたします。

と藤井アナがコメントしました。

2020年4月13日:「news every.」藤井アナ②

東京都の新たな感染者数が91人と確認されたことがわかりました。

土日を挟んで検査数が少ない可能性もありますが、何度もお伝えしていますが、この数字は2週間前の行動が反映されたものです。

2週間後の未来をみんなで作るために、この後も引き続きご協力をお願いします。

2020年4月14日:「news every.」藤井アナ③

今日はですね、緊急事態宣言の発表からちょうど1週間になりますので、ここから先は少しずつ、緊急事態宣言後の私たちの行動が形となってあらわれてくることですが、大切なのはその先です。

2週間後の未来を変えられるように、今日もご協力をお願いします。

命より大切な食事会やパーティはありません。

どうぞ宜しくお願い致します。

2020年4月15日:「news every.」藤井アナ④

20年以上富山で働いてきた医師に話を聞きましたが、今病院で働いているだけで、厳しい目で見られる現実があるそうです。

医療関係者も1人の人間です。

初めて出会う患者の命を必死に救っています。

冷たい視線は今すぐ温かい支援に変えなければなりません。

2020年4月16日:「news every.」藤井アナ⑤

地域によっては医療従事者が同じマスクを何日も使っている上、感染した場合は、家族や子供がいじめの対象にもなるそうです。

また、休みをとれたとしても家族への感染を恐れて別の部屋で過ごしているという事です。

今、命を救う人が孤立をしています。

当たり前だった医療体制への感謝と共に、医療従事者への心のサポートが今こそ必要です。

2020年4月17日:「news every.」藤井アナ⑥

緊急事態宣言が出てから10日あまりが経過して、そろそろ私たちの行動が数値に反映されてくるものと思われます。

ただ今日の201人という東京の数値は、過去の感染の数値が今になって反映されているものです。

過去を変えることは出来ませんが、まだ2週間後の未来を変えることができます。

希望のあるうちに、是非ご協力をお願いします。

そしてこの週末も、皆様のご協力をお願いします。

この土日、デリバリーや宅配業者を利用する方も多いと思いますけれども、受け取る人も届ける人もそれぞれの不安があると思います。

感染防止を徹底したうえで、一言お互いに「ありがとう」と言えたらホッとするかもしれません。

沢山のものを我慢して諦める日々を過ごしていますが、他人を思いやる心まで失わないでいる事、これが大切です。

重ねてこの土日の皆さんのご協力もどうぞ宜しくお願いします。

2020年4月17日:「news every.」藤井アナ⑥-2

4月16日の国民に一律10万円給付を受け、

皆さんの手でしか感染は食い止められません。

私たちの努力が、この事態を終息することができるのです。

外出を自粛し感染拡大を防止しようとする皆さんの努力は10万円より価値のあるものです。

 

2020年4月20日:「news every.」藤井アナ⑦

今、緊急事態宣言を受けて自分を律している人ほど、観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。

しかし皆さんのような人たちがいるからこそ、欧米のような医療崩壊を防げています。

今は皆の足並みが揃わなくても、その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。

そして全国にはまだ感染者の少ない地域も多くあります。

「不用意に生活エリアを越えた移動をしないこと」

これが、誰かの故郷を守ることに繋がります。

2020年4月21日:「news every.」藤井アナ⑧

緊急事態宣言を受けてお客さんが激減する中、お金儲けをしようと思って開けているお店はないと思います。

ですから今大切なのは、生活のために開けているお店への批判ではな<、お世話になってきたお店への応援ではないでしょうか。

電話1本、LINE1通でも、何が自分に出来るか気付けると思います。

自粛要請の限界や矛盾を店主に押し付けないためにも、皆さんの温かい一言が必要です。

2020年4月22日:「news every.」藤井アナ⑨

今、東京だけではなく全国で感染者数を抑えようと、1人1人が努力を続けています。

今日の努力は2週間後にしか結果は出ませんが、逆に言えば2週間後の数値はまだゼロです。

私たちは当たり前のことを続けるだけで、何も難しいことはありません。

新型肺炎ウイルスをコントロールするのは私たちです。

皆さんのご協力をお願いします。

2020年4月23日:「news every.」藤井アナ⑩

この週末、外出を考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、特に買い物に対するマナーが求められています。

どうぞ、少人数で距離を取って回数を減らしてください。

もちろん『お客様は神様』ですから、生活を支えてくれる店員さんにも神対応でお願いします。

2020年4月24日:「news every.」藤井アナ⑪

今多くの人が自粛を続けていて、そろそろ限界が近いと思います。

そこにはマナーを守れない人への限界も含まれるでしょう。

皆さんばっかり我慢して理不尽であるとは理解をしています。

しかし、ここまでプライドを持って自粛してきた皆さんなら、この土日の気分転換すら美しく出来るはずです。

2週間後の未来をみんなで作りましょう。

2020年4月24日:「news every.」藤井アナ⑪-2

今、誰かのために必要な仕事ほどしわ寄せが激しくなっています。

そこに送られるのは非難の声ではなく、拍手であるべきです。

理不尽な非難を受けている人たちが世の中を回していることを忘れたくはありません。

 

2020年4月27日:「news every.」藤井アナ⑫

今、ゴミの収集担当者もデリバリー配達員も、世の中を支えている人はみんな仕事に追われていて、そんな中での感謝のメッセージは驚きと喜びがあったに違いありません。

発した言葉がその人を作ります。

ささくれだった言葉で自分自身を汚さないように、心でウイルスに負けてはいけません。

まとめ

この殺伐とした新型肺炎ウイルスが蔓延した中で、「news every.」藤井貴彦アナウンサーが伝え続けているメッセージは「今頑張って2週間先の未来を明るくすること」なのですが、その“今のガンバリ”がすぐに目に見えないからこそ実践することが難しくもあります。

まだまだ先が見えてこない状況ですが、藤井貴彦アナウンサーの言葉がストレスを抱えている人たちの心に元気を与えてくれて、明るい未来に向けて行動に移そうとする人たちが増え、終息の光も見えてくることを祈ります。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

人気記事一覧

2,851view

俳優の横浜流星さんと言えば、甘いマスクとはアンマッチな肉体美が有名です。 その鍛え上げられた筋肉、きれいに割れているシッ ...

5,572view

かわいい系のファッションで有名な「フランシュリッペ」が2020年9月で営業を終了することが決まったみたいですね。。 残念 ...

2,113view

三重テレビ放送のアナウンサー一色克美さんが警察に逮捕されてしまいましたね。。 同僚の30代女性の自宅敷地内に侵入した疑い ...

3,174view

相撲の大関・貴景勝光信(千賀ノ浦部屋)さんが婚約を発表し、話題になってますね! お相手は元大関・北天佑勝彦さんの次女であ ...

9,997view

デイリー新潮による指摘で、前農水副大臣である小里泰弘氏には3人の愛人がいることが分かり、その内の1人が上智大生の森田由乃 ...

-お役立ち情報
-, , , , , , , ,

© 2020 トラさんのがおろぐ!