トレンド 移植 芸能

早川麻依子(NGT48支配人)氏のツイッター開設とその真意とは?

投稿日:

NGT48劇場支配人の早川麻依子氏が、本人名のツイッターアカウントを開設したことが話題になっています。

一体、メンバーにSNSを禁じておいて、支配人自らがツイッターを開設するという、一見真逆の行動の真意は何処にあるのでしょうか?

支配人自らがSNSを通じて伝えたがっている真実とは何のことなんでしょうか?

早川氏本人から語られるツイッター内容を詳細に精査してみます。

スポンサーリンク

早川麻依子(NGT48支配人)氏がツイッター開設!

まず、早川麻依子氏がツイッターを開設したアカウントがコチラになります。

正式なアカウントアドレスは@hayakawamaikoになります。

他の各報道やブログでは、文だけの引用が多い割に、正式なアカウントリンクを貼ってない所が多いので、見逃すことが無いように明示しておきます。

どんな内容を発信しているのか?

さて注目はどんな内容を発信しているのか?ってことですが、早速見ていきます。

どうやら謝罪から入り、メンバーへの誹謗中傷に対しての不安、そして何より嘘の拡散が晴れない限り、活動再開に支障が出るという想いから来た開設だったんですね。

それには支配人自身が、知っていることを包み隠さず発信して、真実をファンに知ってもらった上で再スタートを切りたいという心意気が感じられます。

では、支配人が語る真実とは何なのでしょうか?

早川麻依子(NGT48支配人)氏が語る事件の全貌

噂であって、真実ではないとは?

早川氏は、まず冒頭で『今の噂は真実ではない』と、いきなり否定から入っています。

その噂というのは、間違いなく、山口真帆暴行事件の黒幕と疑われるメンバーについてでしょう。

黒幕については、文春オンラインなど各情報誌やブロガーなど本当に多くの人が総力を上げて調査してきました。

私も結局、黒幕というのは存在しなくて、うっかり推測できる時間を教えたD子が存在するだけじゃないのか?って記事にしたことはあります。

ただ、黒幕の調査を深堀りするあまり、あまりに露骨過ぎる山口派と反山口派の存在が浮き彫りになったのも事実ですね。

その反山口派に対して、一部のファンから誹謗中傷が寄せられているというのは想像に難くない事象です。

早川氏が言いたかった事実

早川氏は、支配人という立場で知っている限りの事実を述べていますね。

  • 暴行事件に加担したメンバーはいない
  • 不起訴になった理由は分からない(支配人の立場では伺い知ることが出来ない)

恐らく、ここまで勇気ある行動に出て、『いない』と断言するなら、少なくとも支配人本人はそう信じているのでしょう。

それ以外"の闇"の部分があったとたら、『それはもう当事者にしか分からないことだ』と、そういうことを言いたいのだと思います。

それ以外の関係の無いメンバーを、どうか前に向かしてやってほしい、そんな意図が込められた発言だと読み解きます。

早川氏は何度も山口とメンバーの信頼回復に努めた?

次に語ったのは、早川氏は何度も山口真帆さんと疑われた?メンバーとの信頼回復の場を作ろうとした所ですね。 

ここで、1つ確かなのは、山口真帆さんだけでなく長谷川玲奈、菅原りこさん3人を対象にしていること。

このことから、話し合いを拒絶したのは、何も山口真帆さんだけでなく、他の2人も一緒になって、拒んだということが伺えます。

それだけ溝は深かったということか

逆にいうと、これだけ話し合いを提案しているのに、意固地になって拒否したという事実でもありますね。

この辺から、山口真帆さん側には、一度思い込んだら二度と言い分を聞かないという、融通が利かない性格?の一面が垣間見えますね。

 

このツイートには、「どうして話を聞かないんだ?」「大人なんだから少しは相手の言い分を聞いてあげてもいいのではないか?」といった悔恨の念が早川支配人から聞こえてきそうです。

疑われたメンバーは疲弊しきる?

早川氏が最も言いたかったのは、言われの無い誹謗中傷でメンバーが苦しんでいること、再出発しようにもこのままでスタートが切れない点であると思われます。

というか、そもそもここまで事態が大きくなってしまったのは、事実を公表してこなかったのは運営側の過失だったと思われます。

ここまで騒動が大きくなれば、ファンも事件の全貌を知りたがるのは当然のこと。なのに、何時まで経っても発せられない事実関係に、イライラした結果でもあります。

結果、運営側は、山口真帆さんだけでなく、関与が疑われたメンバーも疲弊させてしまうという、最悪の結末を迎えようとしています。

運営に関わる者の責任は重大です。

というか、このまま何も解明が進まずに終わるなら、未成年を預かるグループとしては、最悪の結末を迎える前に解散させた方が子供達のためでしょう。

追い詰められたメンバーは、責任をしょい込んで、どんな行動に出るか分かりません。

精神を病んでしまうなんてことも可能性としては十分あります。

 

なので、ここは支配人自らが、メンバーやNGT48の今後を考えてとった行動と捉えるべきですね。

ツイッターという情報媒体を使ったのは、良いか悪いかは別にしてですが。

まとめ

今までのAKSというかNGT運営というのは、全体的に行動が遅く、しかも初動もまずくて、謎を更に迷宮入りに加速させてしまった面がありました。

そんな現状に業を煮やしたのが、今回の早川氏のツイッター発言だったと見ています。

少しでも、自分が行動しなければ今後の活動はできない、という責任感ある思いからだったのでしょう。

 

私はこれはこれで、NGT48の今後の在り方を考える上で一歩前に進む行動であり、前向きに捉えるべきだと思います。

ツイッターとか、やり方が良いか悪いかは別にしてですよ?何も説明責任果たさなかった今村悦朗・前劇場支配人よりはずっと意味ある行動だと思います。

何より、現場責任者自らが発することにより、今まで有耶無耶になっていた事実が1つ1つ見えてくることは、我々ファンが望んだことでもあるからです。

 

少しでも納得のいく形で、今後NGT48が前に進んでいって欲しいですね!

 

そんな勇気ある行動を起こした早川支配人の経歴を、別記事でまとめていますので、良かったら参考にして下さい(^▽^)/

NGT48新支配人の早川麻依子の経歴が凄い!東大出身で電通に勤めてた?

NGT48の山口真帆暴行事件において、旧今村支配人が更迭され、その座には新支配人である「早川麻依子」氏が就任しました。 ...

続きを見る

関連記事

2019/4/22

吉成夏子(AKS社長)の経歴は?元秘書が社長になった経緯の全貌解明

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とはっきり言われたと語っています。 この発言が事実としたら問題発言であることは間違いありません。 そこで今回は、この問題発言を行った吉成夏子氏について調査していきたいと思います。  もっとも驚くのは、AKS社長・吉成夏子氏が面談で<今も事件のことをグチグチ気にするなら辞めてもらって構わない>と発言したとの記述があ ...

続きを読む

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

-トレンド, 移植, 芸能
-, , , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2019 All Rights Reserved.