お笑い芸人

志村けんのバカ殿に出演していた初代じい(家老)は誰?詳しいプロフィールも!

画像引用元:Twitter

先日亡くなられた志村けんさんの代表作でもある『バカ殿』ですが、バカ殿に欠かせない存在だったのが、じいですよね。

じいと言えば、桑野信義さんことクワマンのイメージしかないのですが、実は初代じいが違う人だったようです。

今回は、『バカ殿』の初代じいについて調べてみました。

スポンサーリンク



バカ殿の初代じいはどんな人?

画像引用元:Twitter

誰もが知っているバカ殿ですが、初代じいを務めていたのは『東 八郎』さんという事がわかりました。

厳密には

86年に始まったフジテレビ系「志村けんのバカ殿様」では、八郎さんが初代の筆頭家老を演じた。

引用:日刊スポーツ

秘書
フジテレビにて番組独立後に初代を務めました。

8時だョ!全員集合、ドリフ大爆笑(TBS)時代いかりや長介さんが筆頭家老役を務め、一部回では加藤茶さんが担当していました。

いかりや長介と志村けんは関係性は?確執や手紙の噂についても!

バカ殿の初代じいと言えば、世代によってはいかりや長介さんを思い浮かべる人も少なくないでしょう。 今回はそんないかりやさん ...

続きを見る

さて東さんの話に戻りますが、この方はアズマックスこと東貴博さんの父親になります。

バカ殿には、初代じいとして出演されていましたが、1988年に亡くなられその後2代目のクワマンさんに受け継がれたようです。

志村けんさんは、東八郎さんを尊敬していて亡くなられた後も東八郎さんの弟子を、1人なら面倒見られると引き取られたそうですよ。

東八郎さんがそれだけの人望があったのでしょうね。

東八郎のプロフィール

画像引用元:Twitter

名前 東 八郎
本名 飛田 義一(ひだ ぎいち)
生年月日 1936年5月31日
没年月日 1988年7月6日
出身地 東京都台東区浅草
活動期間 1952-1988年
弟子 萩本欽一、すず風金魚
芸風 コント

経歴

中学卒業後にコメディアンを志して歌手の田谷力三さんに弟子入りをした東八郎さんは、浅草公園六区の浅草フランス座などで活躍するようになります。

1964年に小島三児さん原田健二さんと共にトリオ・スカイラインを結成し、テレビに進出しました。

コントを行い人気を得ましたがトリオ・スカイラインは1971年に解散となります。

その後は三波伸介さんと共にNHK『お笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンと成長しました。

そして東八郎劇団を結成して後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じ、晩年では『志村けんのバカ殿様』の家老役でも人気でした。

また人気コメディアンとしてテレビや舞台を数多くこなし、RCAビクターから『娘へのバラード』を発売するなど歌手活動も行っていたそうです。

『娘へのバラード』は、結婚披露宴で歌われる定番曲のひとつとして広く知られていました。

また1986年には芸能人養成のために私塾「笑塾」を開きます。

ですが、それから間もない1988年7月6日の昼過ぎ、自宅にて眠っている最中に突然脳溢血を起こし、緊急搬送されましたが、意識が回復することなく同日15時30分に亡くなられました。

東八郎さんは、晩年芸能人の育成や養成に力を注がれていたんですね。

52歳という若さで亡くなられたなんて早すぎますよね。

まとめ

今回は、志村けんのバカ殿に、初代じいとして出演していた東八郎さんについて調べてみました。

てっきりバカ殿のじいはクワマンさんのイメージだったので、とても意外でしたね。

しかも東MAXさんの父親だったというのも驚きです。

晩年、芸能人の育成や養成に力を注がれていたという事で面倒見の良い人望の厚い方だったのでしょうね。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

-お笑い芸人
-, , , , , , , , ,

© 2020 トラさんのがおろぐ!