トレンド

美人柔道家ダリア・ビロディドについて紹介!元柔道家の両親についても!

画像引用元:twitter

強さと美しい顔で注目を集めている柔道家、ダリア・ビロディド選手をご存知ですか?

まだ19歳なので、2020年に開催される東京オリンピックでの活躍も期待されています。

今回は彼女の戦績やプロフィール、両親も紹介いたします!

スポンサーリンク

ダリア・ビロディドのプロフィールと経歴

ダリア・ビロディドのプロフィール

名前 ダリア・ビロディド
生年月日 2000年10月10日(19歳)
身長 172cm
出身地 ウクライナ
職業 柔道家
階級 48kg級

身長172cmという高身長で48kg級って私たち日本人からしたらとても羨ましい体型ですよね!

しかし、ウクライナ人女性の平均身長は約170cmもあるみたいですよ。

”ウクライナ女性の平均身長は165.0cm~170.0cmで、やや高い傾向に有り平均体重も60kg前後と確かにプロポーションはいいです。”

モデルのようなプロポーションで性格もよく、美人が揃っていると言われ、恋人にしたい女性NO,1なのがウクライナ女性です。ウクライナ女性の平均身長は165.0cm~170.0cmで、やや高い傾向に有り平均体重も60kg前後と確かにプロポーションはいいです。白人女性の平均よりも、プロポーションも良くモデル並みの女性が多い羨ましい体型です。

引用元:URANARU

戦績

  • 2016年 ヨーロッパカデ優勝
  • 2016年 ヨーロッパジュニア大会優勝
  • 2017年ヨーロッパオープン・プラハ 優勝
  • 2017年 ヨーロッパ選手権 優勝
  • 2018年グランプリ・チュニス 優勝
  • 2018年グランドスラム・パリ 優勝
  • 2018年グランドスラム・デュッセルドルフ 優勝
  • 2018年 ヨーロッパカップ・ツェリェ 優勝
  • 2018年 グランプリ・ザグレブ 優勝

引用元:ダリア・ビロディドwiki

まだ19歳なのに凄まじい戦績ですね。

2018年に行われたグランプリ・ザグレブでは、準決勝で日本人の渡名喜風南相手に勝利を飾り、優勝まで駆け抜けたのが記憶に新しいです。

こんなに結果を残していると、その強さの秘訣について気になる方も多いですよね。

ダリア・ビロディドの強さの秘訣は?

ビロディドは海外のモデル事務所のオファーを断り、日本のマネジメント会社と契約して拠点を東京に移すことを決断しました。

柔道が生まれた国、日本で多くの実力ある選手の中に入って練習することで柔道の技術を身につけているようです。

日本人としては、このような理由で日本に来てくれると何か嬉しい気持ちになりますよね。

しかし、日本の選手が優勝するのが難しくなってしまうかも知れないので、少し複雑な気持ちにもなります。

 ”柔道女子48キロ級の史上最年少世界女王、ダリア・ビロディド(18)=ウクライナ=が、金メダル獲得を目指す20年東京五輪に先駆け、日本に活動拠点を置くことが31日、分かった。
(中略)
日本勢もライバルとなる48キロ級だが、ビロディドも「日本に来れば世界一の相手とより多く練習できるようになる」と意気込んでいるという。

引用元:スポーツ報知

また、ビロディドは負けず嫌いな性格も有名ですよね。

「常に一番でありたい、一番以外はビリと同じ」という発言をするぐらいです。この負けず嫌いな性格もスポーツ選手にとっては大事な要素なのかも知れません。

ビロディドのお母さんとお父さんも柔道家!インスタも素敵!

ビロディドは、最近の若い女の子のように、インスタグラムもたくさん投稿しています。

その投稿の中には、彼女の両親も写っている写真が度々出てきます。

お父さん ゲナンジー・ビロディド

かつては父親のゲナンジー・ビロディドも有名な柔道家だったそうです。

ヨーロッパのいくつもの大会で優勝を収めたり、2005年の柔道世界選手権では3位に輝くなど、世界的に活躍しました。

どのスポーツでも有名な選手の子供がまた世界的な選手になることはたびたびありますよね。

ダリア・ビロディドさんはまだ19歳なのでこれから父親を超えていくかも知れません!

”1996年の世界ジュニア78kg級で3位になった[2]。1997年のヨーロッパジュニアでも3位だった[2]。その後階級を73kg級に変更した。2000年のシドニーオリンピックでは9位になった[1]。2001年から2年連続してヨーロッパ選手権で優勝を飾った[2]。2004年のアテネオリンピックでは2回戦で敗れた[1]。2005年の世界選手権では銅メダルを獲得した[2][5]。2008年の北京オリンピックでは7位に終わりメダルを獲得できなかった[1]。”
引用元:ゲンナジー・ビロディドwiki

親子仲良しで、二人が柔道を愛している様子が伝わっていますね。

ゲナンジー・ビロディドは、子供のことが大好きな普通のお父さんといった感じですよね。

お母さん スヴェトラーナ・クズネツォワ

母親のスヴェトラーナ・クズネツォワも柔道家として活躍していました。

現在は現役引退した後、指導者として活躍しており、大会ではダリア・ビロディドの試合のコーチ席に座ることも多いそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DARIA BILODIDさん(@dariabilodid7)がシェアした投稿 -

親子ともに本当に美人ですよね。

この写真を見ると、鼻と頰のあたりが似ているように感じます。

できることならこの二人に美人の秘訣について聞いてみたいですね!

まとめ

美しすぎる柔道家ダリア・ビロディドのプロフィールや戦績、両親についてまとめましたがいかがでしたか?

これから開催される大会でも活躍が期待される選手なので、テレビなどのメディアで観れることが多くなりそうですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-トレンド
-, , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2019 All Rights Reserved.