スマホ トレンド パソコン関係

2018年型iphoneX最新情報 LCD版だけ発売遅れるって本当?

今秋発売予定の2018年型iphone、その中でLCD版のiPhoneのみ11月に発売がずれ込むという噂があります。どうして遅れるのでしょうか?その理由を探ってみました!

そのほかにも新型iPhoneは、一体どんな形とモデルになるのか?そして気になる発売時期や値段は?などの最新情報をお届けします。

モデル&名称

iphoneリークで有名なBenjamin Geskin氏が最新型iphoneの最新パネル画像を公開してくれました。

左から iPhone XS (5.8 OLED) / iPhoneXR (6.1 LCD) / iPhone XS Max (6.5 OLED)です。

尚、公式なネーミングは同氏でも未だ分からないとしています。

ちなみにこちらの型は、台湾ケースメーカーと完全に符合しており、信憑性は極めて高いそうです。

さて、現在分かる範囲で2018年型iphoneの特徴を下記にまとめてみます。

  • 全てホームボタンが無い(2017年モデルのiphoneXと似た形)
  • 全てノッチあり
  • 6.1inch版のみベゼルが少し太い

残念ながら、値段やFaceIDの搭載情報などは、まだ錯綜している状況で、分かりません。

6.1inch版のみLCDパネル採用

6.1inch版のみ、3モデルの中で唯一液晶ディスプレイを採用していますが、こちらは(株)ジャパンディスプレイの『FULL ACTIVE』パネルを採用予定であり、他の有機ELディスプレイと似たような形になりそうです。

※FullActiveパネル:端末の4辺にあるベゼル(縁)をスリム化できる製品、パネル。

ベゼルをスリム化できる『FULL ACTIVE』。ジャパンディスプレイより

ただし液晶パネルの為、有機ELパネルと比べて、ベゼルが多少太めになっています。

理由は、バックライトが必要な分、余計に装置を収納するスペースが多い為です。

他にもGeskin氏は、イラスト付きのモデルも載せてくれています。

この画像でも、6.1inchのLCD版のみ、少しベゼルが太目なのが分かります。

発売時期

今のところ、5.8inchと6.5inchの有機ELディスプレイモデルは、遅れが見られないため、順当にいけば9月に発売予定だとされています。

しかし、6.1inchLCD版のみ、発売時期が11月にずれ込みそうだとメディアが伝えています。

何故LCD版のみ発売時期が遅れるのか

理由は、限りなくベゼルレスに近付けるために採用した液晶ディスプレイ用のLEDバックライトと『FULL ACTIVE』パネルの組み合わせに苦労している為だと言われています。

今回アップルは、OLED版のベゼルレスに近付ける為に、パネルに(株)ジャパンディスプレイ製の『FULL ACTIVE』、加えて、LCDのバックライトに日亜化学工業製のLEDチップを採用すると言われています。

これにより、ベゼルを更に薄くすることができ、限りなくOLED版に近付けるらしいです。

しかし、互いに最新技術であるがために、十分な組み合わせ検証を行う時間が足りておらず、遅れにつながっていると容易に想像できます。

両社とも単体では、既に確立した技術の為、量産には支障がないはずです。

しかし、組み合わせとなると何でも思わぬ品質異常が必ず発生します。

これは現場にいた人物ならばよく分かります。

加えて、勿論アップルからも高い精度を要求されている為、歩留が低い状態が続いているのでしょう。

その分、OLEDパネルは自発光のため、バックライトの組み合わせなど考えなくても良いのです。(パネル自体の歩留に問題はあるが。。)

LCD版は販売台数の半分以上占める

アップルが、極力ベゼルレスにこだわっているのには理由があります。

廉価版とはいえ、LCD版のiphoneは、販売台数の半分以上を占めると予想されているからです。

それでいて、3モデルのうち、LCD版のみベゼルが目立って広ければ、売れ行きに影響を及ぼすのは必須です。

顧客は常にiphoneXのような斬新モデルでいて、手頃な値段を求めています。

OLED版はパネル自体の歩留が非常に悪く、どうしても単価が高くなってしまうのですが、

LCD版はコストが抑えられますので、OLED版より安いのは必然です。

ですから、多くの顧客が求め期待が大きい分、デザイン、値段、品質が揃っていない限り、愛想尽かされる可能性も高いのです。

なので、アップルは時間かけても品質の妥協は一切許さず、発売時期を送らせてでも納得できるものをと、メーカーに要求していると思われます。

まとめ

2018年型iphoneは、全てホームボタンが無い、iphoneXモデルに統一される予定です。

いよいよ、デザインが一変しますので、ファンにとっては待ち遠しいことと思います。

特に、LCD版は、OLED版と遜色無いデザインを持ちつつ、値段も抑えられているはずですので、期待大です。

少し、発売が遅れるかもしれませんが、そこはアップル、納得の品質レベルまで引き上げてくれると見ています。

今後のアップル最新型リリースに期待しましょう^^

 

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

-スマホ, トレンド, パソコン関係
-, , , ,

Copyright© トラさんのがおろぐ! , 2019 All Rights Reserved.